額な費用を負担しても私立の小学校受験をするメリットは?

小学校の中でも、公立校と比較して、私立校の授業料はたいへん高額なものとなっています。それに加えて、学校生活を送るには、制服など、学校に指定された用品の購入費用、給食費、設備費、交通費など、諸々の経費が掛かります。さらに、記念の行事や新しい校舎の建造などに際しては、学校への寄付を行なうという慣例があります。
それほどに重い私立校の経済負担という問題を解決するためには、各家庭の経済状態にそれなりの余裕がなければなりません。そういう意味では、妻が専業主婦である家庭と比較して、共働きの世帯は、経済状態が安定している傾向にあるため、有利と言えるかも知れません。

公立校と私立校の授業料に大きな差がある理由

とは言いながらも、私立の小学校受験をした結果、合格しても重い経済負担が掛かることを考えると、皆さんは「子どもが小学生の内から、それほどの教育費を支払う意味はあるのか?」などと思われるかも知れません。確かに、公立と私立の授業料には大きな差がありますが、私立校には、その高い授業料に見合うだけの学習環境が整っています。
私立校の場合、文部科学省の定める「義務教育の目的」に加えて、独自の理念に基づいた教育を行なっています。例えば、創設者の意思に則って、多くの文化的要素を盛り込んだり、宗教に基づき、精神修養の場を設けたりしており、多くの付加価値があります。なお、私立校では、独自の理念に基づいた教育がなされるとは言うものの、学校法人としての基準を満たし、文部科学省の定める基本的な教育内容を網羅していることに変わりはありませんので、その点はどうぞご安心下さい。

公立小学校へ通い、中学を受験する場合の問題点

また、皆さんは、私立校の重い経済負担を免れるために「小学校は公立の学校に通い、中学を受験すれば良い。」と考えられるかも知れません。しかし、公立小学校へ通いながら、塾に行って中学受験の準備をするためには、それなりの費用が掛かります。特に、テレビでコマーシャルを流しているような大手の塾では、一年に100万円ほどの費用は負担しなければなりません。
また、子どもが塾へ通い、受験準備をしていると、親子で余暇を一緒に過ごすことは難しくなります。さらに、小学校受験の成否には、親の努力が占める割合が高いのですが、中学以後の受験では、子ども本人の意欲と能力が問われるケースが多くなります。