昨今のお受験事情と小学校受験でチェックしておくべきポイント

ドラマの影響もあり、最近になって一躍脚光を浴びている「お受験」ですが、そのイメージからして、母親が専業主婦の家庭でなければ実現することは不可能と思われるかも知れません。しかし、実際のところ、そういうことはありません。
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず。」とは兵法の格言ですが、受験戦争に勝ち残るためにも、まずは相手のことを良く知ることが大切です。小学校受験の対象となる学校は、その設立母体によって、公立校・国立校・私立校という3種類に大別されます。公立・国立・私立の学校には、各々のメリット・デメリットがあるので、それを理解した上で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合ったところを受験しましょう。

私立校の受験をお考えの方のために

それら3種類の学校の中でも、私立校の場合、入学試験があり、受験の準備をするためにそれなりの時間が掛かります。したがって、子どもに対する負担を軽くして、確かな実力を身につけさせるためには、早い段階で準備を始めるに越したことはありません。
また、私立校の場合、通学するために重い経済的負担が掛かるという問題があります。私立校の授業料は、公立校のそれと比較して、たいへん高額なものとなっています。とは言うものの、私立校は、独自の理念に基づいた教育を実施しており、公立校にはない付加価値の要素が多いというメリットがあります。また、小学校の受験は見送って、公立の小学校から中学を受験する場合、塾へ通って受験準備をするためには、それなりの経済的負担が掛かるなどの問題があります。

先生と子どもの置かれている環境もチェックしておこう

次に、小学校の生徒に対して、先生は多大な影響を及ぼす存在と言えます。したがって、小学校受験を考える上では、受験する学校の教師を取り巻く環境もチェックポイントとなります。公立校と私立校では、教師の置かれている環境にも違いがあります。
そして、子ども本人を取り巻く環境を考えると、私立校の場合、子どもに対する親の期待度が高いケースが多いほか、学力レベルの同じ子どもばかりが集まるため、周りの生徒とお互いに刺激し合いながら、切磋琢磨することのできる環境が整っています。そのような環境に恵まれた子どもは、高い目標を掲げ、そのためにたゆまぬ努力をする傾向にあります。
このカテゴリーでは、小学校受験に関するさまざまな情報をお届けします。これから小学校の受験をお考えの方は、是非チェックしてみて下さい。

一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 小学校受験合格のため、お子様だけでなく一緒に頑張るお父様・お子様のサポートも充実しています。乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 伸芽会が小学校受験を徹底サポートします